激アツですね

なんとなんと忘れに忘れてやっと久々更新となります、申し訳ございません

最近非常にあつくなってきましたが、何よりあつかったのが笑論法サマーライブでしょうか

みなさま渾身のネタを披露なさってお客様にも楽しんでいただけたと思います

我々としても非常にいい経験となり、さらなる笑いを生み出すための意欲に駆られております

本日はなぜ私が関西弁を話すのかについてお話ししたいと思います

 

きっかけは些細なことでした

昨年、ある雨の夜、私は雨に打たれながら思いました

「なぜ勉強しているのだろう、なんのために今を生きているのだろう」

浪人生というレッテルを貼られ毎日予備校に通いそれが当たり前として受け入れている自分を見つけたときは愕然としました

「このままでいいのか?これが自分の理想の姿か?」

私は将来をみすえ、悩みに悩みました

仕事は?結婚は?そして、老後はどう生きる?…

あれやこれやと悩むうち私にふと1つの考えが浮かびます

「めんどくせぇな…」

これが全ての始まりです

その日以来受験本番までひたすらYouTubeで漫才を見ました

来る日も来る日も、雨の日も風の日も、どんな時もどんな時も、僕が僕らしくあるために…

私は漫才を見続けました

するとある日、母親から

「あんた、勉強の方は大丈夫なの?」

と聞かれたので、

「せやなぁ、まぁべつに大丈夫やろ」

自然と口を出ました、もはや才能だとすら思いました

それ以来私は関西弁を話すようになりましたとさ

 

さて、今週はこの辺でお別れです

来週をお楽しみに!

 

 

広告

新入りです

こんにちは 最近服を買おう!と高校同期と渋谷に向かってユニクロだけ買って帰ってきた笑論法7期の拓人です。

マジでダサいエピソードは笑い話テイストですら人に話さない、という自分の意外なプライドの高さに気づけました。

 

さて、今週からしばらくの間6期に代わって7期がこのブログを更新していくことになるらしいです。

実は結構前の部会からブログを書けと言われており、しかし特に発信することも思いつかないのでこの際全部忘れたふりして誰か優しいけど損な性格の人に尻拭いしてもらおうとも考えていたのですが(19年間そうやって生きてきました)、このままじゃいけねぇ俺も来年には20だ自分に課せられたタスクくらいはやったらなきゃと思って渋々macbookを開いた次第です。(ブログの記事ひとつ書き始めたってだけでこんなに偉そうにする人います?)

特定の民族に対するヘイトスピーチ以外は自由に書いていいと言われたので、7月頭に控えている夏ライブの話をしたいと思います。

笑論法夏ライブ2018〜真夏の東京湾にダイブ〜7/6(金),7/10(火),7/13(金)東京大学コミュニティプラザ多目的室2で行われる予定の笑論法によるライブです。もちろん入場料は無料です。(おもしろい漫才を見れる上に無料であるということなのですから、こんないいことはありませんね。)

各コンビが選りすぐりのネタを披露します。7期同士で組まれたコンビもいくつかあり、それらのコンビとしてはこの舞台が初舞台となります。来て後悔はしないライブだと思うので、ぜひ来てください。もちろん僕も出演する予定です。皆様に楽しんでいただけるよう、同じく7期の内田くんと頑張ってネタを作りました。お会いできるのを楽しみにしています!

以上、拓人でした。次週の担当は僕が指名していいということなので、一番やりたくなさそうな人にやらせようと思います。

駄文失礼しました。


紀州のドン・ファンを生前から知ってた人ってどれくらいいるんですか?

笑論法 コンビ紹介④(ああだ・こうだ)

ご無沙汰しております。5月ももう終わろうとしているというのに、五月病が治りません。6期のお茶子です。
コンビ紹介企画・第四弾は、「ああだ・こうだ」です。

インタビューの質問
①コンビを組んだきっかけ
②コンビ名の由来
③コンビでやった中で一番好きなネタ
④相方の第一印象
⑤相方の好きなところ
⑥相方に直してほしいところ
⑦相方に秘密にしていること
⑧このコンビの売り
⑨コンビ愛が分かるエピソード
⑩相方へ一言

ああだ・こうだ(池口・中塚)
ああだ・こうだとは…
池口(3年)と中塚(3年)のコンビ。ネタのスピード感は笑論法コンビの中でピカイチであり、しゃべくり漫才を得意としている。ネタは中塚が書いている。

代表的なネタ
・「テニサー」:2016年10月秋ライブ(参照: 【笑論法】テニサー【ああだ・こうだ(中塚池口)】 – YouTube
・「ビラ配り」:2017年11月駒場祭ライブ(参照: 【笑論法】ビラ配り【ああだ・こうだ(池口中塚)】 – YouTube
・「戦国武将」:2017年7月夏ライブ(参照: 【笑論法】戦国武将【池口中塚(ああだこうだ)】 – YouTube
・「天体観測」:2017年12月冬ライブ(参照: 【笑論法】天体観測【ああだこうだ(中塚池口】 – YouTube

<池口>
① コンビを組んだきっかけは?
「しゃべくり漫才がしたいっていうのが同じやったから。」
② コンビ名の由来は?
「これ、だっさいで~(笑)。やすしきよしとか昔の漫才師が好きで、似てる名前を2つ続けてみたかってん。」
③ コンビでやった中で一番好きなネタ
「「テニサー」ちゃう?今でもできるからね。」
④ 相方の第一印象
「くっさいやつやな~って思ってた(笑)。あいつ入ってきた時から代表に対して「俺笑論法好きなんですよ~」とか言ってたからな。もう下の下の下。あ、いいこと言わなあかんな(笑)。」
インタビュアー「次の質問でいいこと言えますね。」
⑤ 相方の好きなところは?
「ない(笑)。あ、ネタ作ってくれるところ。なんやかんやで作ってくれる。真面目やから。」
⑥ 相方に直してほしいところは?
「全部や。顔、性格、、、」
インタビュアー「性格ですか?具体的にどこを(直してほしいですか)?」
「あ、あのままでええわ(笑)。あと、嘘つくとこかな。嘘つくのは辞めてほしいな。」
⑦ 相方に秘密にしていることは?
「秘密にしてること…?中塚の顔写真を出会い系サイトで使ったことかな(笑)。一瞬で消したけど。」
⑧ このコンビの売りは?
「あいつやったら「高速しゃべくり」とか言うんやろな。でも俺はそんな速いとは思ってないし、銀シャリとかに近いとこかな、ネタが。」
⑨ コンビ愛が分かるエピソードを教えてください。
「これはあれやな!駒場祭の昼夜祭ちゃう?昼夜祭で「テニサー」のネタやって、これ絶対勝ったなって2人で言ってたのに、初戦敗退したこと。2人の絆が深まった(笑)。」
⑩ 相方へ一言お願いします。
「今年もよろしく(笑)。」

<中塚>
① コンビを組んだきっかけは?
「1年生の時の駒場祭の昼夜祭でお笑い大会っていうのがあって、そこにしゃべくり漫才がやりたいってなって、そこで2人で組もうってなったのがきっかけ。」
② コンビ名の由来は?
「古い西の吉本の芸人さんって、青空球児・好児とかやすしきよしとか韻を踏むコンビ名やから、そういう感じにしようってことで「ああだ・こうだ」になった。あの真ん中の点は大事!」
③ コンビでやった中で一番好きなネタは?
「「テニサー」!なんやかんやでお客さんが盛り上がってくれたからね。」
④ 相方の第一印象は?
「しゃべくり漫才やりたいって言ってたことかな。一緒にやりたいって思った。」
⑤ 相方の好きなところは?
「池口の好きなところ…?まずネタ合わせやるって言ったらとんで来てくれることかな。あとお客さんがいる時の立ち回りはすごいよね。」
⑥ 相方に直してほしいところは?
「語りつくせないね(笑)。好きなとこ以外全て(笑)。ネタを書いてくれない。一番初めに「テニサー」のネタを書いてくれたんやけど、パクリ漫才のフランケンシュタインみたいになっててん!それを俺が訂正してから1回もネタを書いてくれないとこ!」
⑦ 相方に秘密にしていることは?
「秘密にしてること…?ほんとは若林と一緒の方が面白いんじゃないかと思っていること(笑)。」
⑧ このコンビの売りは?
「コントに入らないところ。しゃべくり漫才になるとこだね。」
⑨ コンビ愛が分かるエピソードを教えてください。
「うーん、、ある?(笑) 困った時に頼んだらネタをやってくれることかなぁ。」
⑩ 相方へ一言お願いします。
「ネタ書いてください(笑)。池口の書いたネタをやりたいです!」

「ああだ・こうだ」の真ん中の点、この取材をするまで気が付きませんでした。池口さんが書いたパクリ漫才のフランケンシュタインになったネタ、見てみたいですね(笑)!ではでは。